大接戦だった東西対決

今年の相撲大会は、近年希にみる大接戦の東西対決となりました。最後の取り組みである、6年生男子の一本勝負を残して、何と東西の点数が同点。6年生男子の取り組みによって優勝が決まるというものでした。5年生以下の児童がいかに互角に戦っていたことがうかがえます。堂々とした東西力士による土俵入り、横綱の土俵入りの後、下級生のあこがれの眼差しと大きな声援を背にして、白熱した取り組みが行われました。そして、見事な弓使いを見せてくれた弓取り式の披露。その後いよいよ結果発表。東方161点、西方170点で見事西方が優勝しました。どの取り組みも真剣勝負で、見ている人も手に汗握るものでした。今年も無事に高擶の伝統を引き継いでくれました。
20160521-1463815031.JPG
1~3年生はミニ土俵で、一生懸命に取り組みました。
20160521-1463815041.JPG
4年以上は本土表で、大きな声援を受けていました。
20160521-1463815063.JPG
西方力士による土俵入り
20160521-1463815051.JPG
東方力士による土俵入り
20160521-1463815072.JPG
西方横綱の不知火型の土俵入り
20160521-1463815090.JPG
東方横綱の雲竜型の土俵入り
20160521-1463815100.JPG
見事な弓使いを披露した弓取り式

更新日: 平成28年05月21日(土曜日)  編集者: 管理者

 
:arwright: 連絡事項 :arwright: 新着情報 :arwright: 学校日記 :arwright: 学校便り(ましみずの里) :arwright: 年間行事予定 :arwright: 学校評価 :arwright: 各種申請 :arwright: 学校案内 :arwright: 地図  :arwright: 沿革  :arwright: 歴代校長 :arwright: 校歌  :arwright: いじめ防止基本方針 :arwright: サイトマップ
Total0819442 7days3011 Yesterday0409 Today0489 Since 2010-03-23